試聴する
「My Life ,My Songs」の
全曲試聴はこちら
メディア情報
news
■NHKドキュメント番組でも大きく取り上げられた、新曲「星のしめすもの」が好評配信中
 ≫詳細はこちら

■「海を越えるバトン」発売中! 上海万博でも歌われたに向けて、未来の子供たちへ放つメッセージソング。

「海を越えるバトン」
¥1,260/VICL-36549/ビクターエンタテインメント
 ≫詳細はこちら

■アルバム「My Life,My Songs」発売中!

「My Life, My Songs」
¥3,000 /VICP-64532/ビクターエンタテインメント
 ≫詳細はこちら

■aminの本、発売中!
ウーロン茶のCMソングから中国語を始めませんか?
「ウーロン茶のCMソングから中国語を始めませんか?」
中国語がとてもきれいな響きのサントリーウーロン茶のCMソング。
テレビでおなじみの曲やキャラクターで楽しく学習できます!

著 amin(アミン)
四六判/128頁/2色/解説CD付き(約60分)
価格:1,890円(税込)
発行日:2007/9/26

 ≫購入する
CDを購入する
バレンタインデーは屋台へ^_^
情人節(バレンタイン)、皆さんはどういうふうに過ごしましたか?

私は久しぶりに博多の屋台に行きました!
極狭のスペースで、ギュウギュウとなりながらも、暖か〜いおでんと焼き鳥…
普通の広々としているお店よりも、美味しさが際立つんだなぁ〜これが。
人って、当たり前と思うと、感動が湧いてこないもんですね…
“小さな幸せはいかに大事なのか”、うんうん、よく分かりました〜^_^

もう一つ感動したのは、狭いスペースの中で、色んな言葉が飛び交ってることなのだ。
中国語、韓国語、英語…
しかもお店の方、身振り手振りを入れながら、何か国語を自由自在に使っていて、
思わずすごいなぁ〜と思ってしまいました!

写真.PNG

上海では屋台もあるんですが、ほとんどのイメージは、大体お祭りの時の屋台と同じ感じで、
持ち帰りか、そこに並べられているテーブルと椅子で食べる。
或は、夜となると、街角に出てくる、簡易屋台。
その場合、衛生面と材料には少し心配があるので、普通はあまり食べないんです…

それと違って、日本の屋台は独特な文化がある。
小さなスペースですが、色んな面ではきちんとされている。
のれんで外と遮断している分、中にいる人たちがより近くに感じる。
そして、カウンター席になっていて、お店の人とお客さんの会話が弾む。

一番最初に屋台を見たのは、小さい時上海で見た日本のドラマの中ででした。
とにかく、暖かくて、お店の人と常連客、そして常連客同士、みんな家族のような絆で結ばれている…
そんなイメージでした。

今屋台に訪れている外国のお客さんも、きっとほとんどは私と同じく、
日本のドラマや小説で描かれている“日本の屋台”を、
直に体験したいという思いがあると思います。

この“美味しくて暖かい日本の屋台文化”、これからもより多くの人に触れてほしいなぁ〜!
2015-02-16 10:51 この記事だけ表示